2008年2月29日金曜日

加工法を理解した低コスト化設計 セミナーに行ってきた。

2008/2/27 日刊工業新聞社にて

加工法を理解した低コスト化設計法
http://www.nikkan.co.jp/edu/semi/070430.html

セミナーに行ってきた。

現在、コストが問題になっている製品が目の前にあり、低コスト化設計は是非とも身につけたいことだった。出来れば、次機種から試作の段階で、コストの面からも出来るだけ作り込みたいと考えていた。なので、アル意味グッドタイミングなセミナーだった。

参加のオススメを見ると

① 低コスト化設計の基本を、分析された高使用頻度の加工法に集中することで「即戦力」へと
   導きます。
② 図面を描く一歩手前の設計プロセスであることを、豊富な演習問題を通して理解できます。
③ 従来、この類のセミナーは、加工側からの一方的な情報であったのに対し、初めて設計側か
   ら情報を発信しました。
④ 門外不出の加工限界データや、同、見積りデータに基づき、自分で設計した部品のコスト
   概算ができるようになります。


というように、低コスト設計だけでなく、コスト概算まで出せるようになるというではないか。今まで、ある程度の見積もりは出していたけども、殆ど、経験を元にした勘でしかなかったので、おおざっぱなザックリ見積もりしか出せていなかった。この点に関しても、何とかしたいと思っていたので、非常に楽しみだった。

実際、セミナーに参加してみて、色々と記憶に残る印象的な名言が多々あり、また、明日にでも実践してみたいというようなモノも多数あり、非常に実のあるセミナーだったな。
第二弾があるそうなんで、そちらも参加したい。


そういえば、セミナー中、スポット溶接のの剪断強さ引っ張り強さについて講師の方が参加者に質問したことがあったが、コッチに振られていれば、数字まで言ったのに!なんて思った。先日、調べたばかりだしな(^^;

2008年2月17日日曜日

これを読んだ。読書メモ 1

●松本幸夫「早く家に帰るための「仕事のルール」―絶対に残業しない仕事術」PHP研究所
残業をするはめになるのはなぜか?自身の仕事の仕方から、コミュニケーションのやりとりまで、効率化を阻んでいるムダを取り除く方法を解説。
<印象>「仕事を見切るのも能力のうち」「人にヘルプを頼む勇気を持て」「他人の時間を奪わない話し方」
☆☆☆

●畑村洋太郎「数に強くなる (岩波新書 新赤版 1063)」岩波新書
畑村先生ファンではあるが、設計関係や失敗学関係は無条件で買うものの、数学関係は苦手意識もあり、手が出なかったが、本書は新書サイズということもあり、購入してみた。設計者を志して10年過ぎ、未だに「数」に慣れていない気がすることも購入動機の一つだったね。
 数の感覚というものをどう掴むか、どう使うか。これは設計者には必要な力ではないだろうか。ザックリ、ドンブリ、ドンガラ。この三つを明日からでも使いこなしてみたい。
<印象>「なんでも数にする」「その場で数を作る」「体感基準をつくる」「ザックリのすすめ」「ドンブリのすすめ」「ドンガラのすすめ」「転職2回給料半減の法則」
☆☆☆☆

●高橋克徳 他「不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書 1926)
一緒のプロジェクトをしているにも関わらず、キッチリ線を引いて、
「ここからコッチは俺、そっちは知らない」として仕事をするリーダーがいた。その人しか、業務方法を知らないのに、である。
当然、仕事の進みはリーダー分は早いが、他が遅いため、プロジェクト自体は遅く、難儀した覚えがある。やはり、プロジェクトはチーム一丸となってこそ、動くものであり、成果があがるものだと考えたのが去年4月。
現在、自分がチームをまとめているが、
「そもそも、会社で「協力する」ということは何を指すのだろうか」
そんな壁にぶつかっている。

そんなときに書店で見つけたのが本書。現在の職場の問題、協力の阻害原因、社会心理学から見た協力と順立てて解説。今までの自分の経験と本の解説や話を照らし合わせながら読んだが、まずは「協力する動機づけ」なのだなと感じた。個人と個人のつながりもさることながら、会社として協力する文化、組織にしないといかんな。
<印象>協力を考える三つのフレームワーク、社会的交換理論、信頼し合うための基礎をつくるには、Google、サイバーエージェントの協力しあうための仕掛け、「きっと、誰かが助けてくれるだろう」。。。「援助行動の傍観者効果」、
☆☆☆☆☆

2008年2月2日土曜日

機械設計関係オススメ本

(2008/6/3 初版)
(2009/3/9 2版)
(2013/5/4 3版)
(2016/1/1 一部追記)
(2016/4/9 一部追記)
※菊池「プロの技術者になる〜」までしか表示されていない方は
 「もっと読む」をクリックしてください。

前職技術部時代、

・設計業務自体について悩む事一回
・構造設計から機構設計に移って悩む事一回
・量産機器開発について、
 自分も含めて殆ど知らない者で構成されたチームを率いてガムシャラになること一回

それぞれの時期に、
立花隆の「知のソフトウェア」に書いてあった

「新しい分野を取材する時、
 有り金握りしめて大きな本屋に行き、
 同分野ジャンルの初中級本を買い占める(少し違う)」

を実践すべく
重ねた残業代を元手に
悔しさ苦しさに押されて様々な本を買い漁り、必要な情報を得てきました。
そんな私の本棚の中から、
特に参考になったものや感銘を受けたものを幾つか紹介します。(2013変更)
※リンク先は全てamazonです。

●新人の頃に出会いたかった本


メーカーに就職した方、派遣先が開発部になった方などにオススメ
・草間 俊介「東大で教えた社会人学 ―人生の設計篇」

 東大の工学部機械工学科での講義をまとめたもので、技術者の人生設計を語った本。メーカーに就職する人はこれを読むと雰囲気がわかるかも。

似たところで
・菊池正典「プロ技術者になる エンジニアの勉強法
もオススメ。専門の話が半導体関係ということで、機械系からすると、話題的に少し取っつきにくい部分もあるが、技術者の生き方の一例を示してくれた良い本だと感じた。メーカーに入る人にはお勧め。正味3時間程度で読める分量。派遣社員の人や設計請負業の人には、取捨選択しながら読むことをオススメする←ワタクシはこのクチ。